公認会計士の資格を得ることによるメリット

公認会計士は多く稼ぐことができる

公認会計士に似た職業で税理士が挙げられますが、税理士と比較して公認会計士は高収入が叶えられる可能性が高いです。どのくらいの収入が期待できるのか記載しました。

税理士と公認会計士の収入の違い

税理士

主な就職先として会計事務所が挙げられますが、大体の年収は450万円前後です。もし、大手の税理士法人に就職することができれば、年収は750万円前後までアップします。

公認会計士

監査法人が主な就職先ですが、年収は550万円前後と言われています。順調に昇進すれば、800万円以上稼ぐことも可能です。

公認会計士の資格を得ることによるメリット

文房具

社会的信用が抜群

公認会計士は、医師や弁護士と並んで難関な国家資格です。そのため、公認会計士になることができれば、絶大な信用を得ることができます。親を安心させることができますし、業務においても、企業と対等な立場で仕事をすることができます。

電卓

教育者になることも可能

公認会計士になることができたということは、試験にも合格したということになります。そのため、試験の内容を理解できていますし、出題傾向もある程度つかめるようになっているはずです。監査法人で働くことができなくなったとしても、試験勉強を教える側として働くこともできますから、公認会計士の資格は魅力的なものでしょう。

資格をもっておいて損はない

公認会計士の資格を持っているというだけで信用されますので、日常生活を送るうえでとても有利です。この資格を活用すれば、いくらでも人生を豊かにすることができます。

広告募集中