公認会計士の資格を得ると様々な業務をすることが可能

公認会計士の資格を得ると様々な業務をすることが可能

勉強

監査業務ができる

教育機関などで、公認会計士の勉強をするとなると、気になるのが働き方です。資格取得後につける業務を知ることができれば、勉強することにやる気が起きることでしょう。まず、公認会計士の資格を取ると、監査業務が可能です。株式を上場している企業など、一部の企業は健全な経営をしているかどうかの監査を受けなければいけません。公認会計士は、その監査業務をすることができます。財務諸表や貸借対照表を利用して、健全な経営ができているかチェックしていくのです。

文房具

コンサルティングとしての業務も

企業は健全な経営ができるように、外部にアドバイスを求めることがあります。公認会計士は株式上場やコスト削減など、経営に関するアドバイスをすることができます。

電卓

税務もできる

企業を経営していくうえで、税に関する申告は避けて通れません。通常、税務は税理士が行うことになりますが、公認会計士として登録すると、税理士会に登録することができ、税理士の資格を得ることができます。そのため、税理士の業務をすることもできるのです。

資格取得前にチェック!公認会計士がぴったりな人の特徴ベスト3

勉強道具
no.1

数学が得意

1番向いていると言えるでしょう。公認会計士は、経済面で企業をサポートしていきますので、日々数字を扱います。数学が得意であれば、苦もなく仕事を続けられることができるでしょう。

no.2

感情をコントロールできる

公認会計士の仕事量は膨大です。膨大な量の仕事をこなすためには、冷静にならないといけません。感情を上手くコントロールできることで、どんな仕事にも対応できるようになるのです。

no.3

人と接するのが好き

公認会計士は、経理の人や経営者とやり取りするケースが多々あります。スムーズに仕事を進めるためには、高いコミュニケーション能力を要求されます。

広告募集中