AGA治療は見つけたら即治療対策しよう~ふさHAIRゲット

服用前にチェック

容器

男性型脱毛症であるAGAに効く医薬品にフェンペシアがあります。フェンペシアはフェナステリドを主成分としたインドの製薬会社が開発する医薬品で、同等品にプロペシアがあります。フェンペシアはプロペシアと同成分で作られていますが、位置的には正式にジェネリック医薬品ではありません。というのもプロペシアの製造特許はまだ切れていないからで、特許条約に加盟していないインドだから製造可能な医薬品でもあります。ただ成分自体は全く同じなためプロペシアとフェンペシアは同医薬品と考えても問題はありません。フェンペシアの服用をすることでAGAに効く理由は、フェンペシアが男性ホルモンが変形したジヒドロテストステロンの生成を抑制することが出来るからです。AGAで髪の毛が抜けてしまうのがジヒドロテストステロンが直接的な下忍であると知られていて、単純にジヒドロテストステロンの生成量を減らしてあげれば抜け毛の減少が期待できます。しかしながらフェンペシアはフェナステリドを主成分としているため相性があり、相性が悪いと副作用が出る可能性があります。
まずそもそもフェナステリドは男性に効く医薬品で、女性が服用すると大きな副作用が出ます。例えば妊娠中の女性がフェナステリドに触れるだけで、胎児が男だった場合に生殖器系に異常が発生する確率が高まります。そのため間違っても女性が服用したり触れたりすることは避けるべきでしょう。相性が悪い男性が服用しても副作用が生じてしまい、例えば肝臓機能障害や過敏症、生殖器系の障害や抑うつなどが考えられます。重症になってくると男性不妊症になる可能性もあり、副作用のレベルとしては意外と大きい物になります。そのためフェンペシアを服用する前には必ずAGAチェックという検査を行う必要があり、遺伝子レベルで相性が良いか悪いかを判断します。この判断ができるのは専門のクリニックだけで、フェンペシアを服用する時は一度は検査にクリニックへ訪れるべきでしょう。ただフェンペシアやプロペシアなどは個人輸入代行サービスで個人で購入することが出来たりします。無闇矢鱈に服用してしまうと前述したような副作用が生じる可能性があるため、出来るだけ検査後の服用が好ましいと言えるでしょう。